トップページ >  肌の悩みを解消する成分 >  EGFとプラセンタの違い

EGFとプラセンタの違いって何?

アンチエイジング化粧品というと、必ずというくらい出てくる「EGF」と「プラセンタ」
その違いは何でしょう。
「EGF」というのは衰えた肌にスイッチを入れてくれる肌の成長を促すたんぱく質のこと。
上皮細胞成長因子などとも言われターンオーバーを促進してくれる物質です。
また「プラセンタ」は胎盤のことで、その胎盤から抽出物のこと。
「プラセンタ」には細胞の分裂をコントロールする成分であることが分かってきていて、
「EGF」と同じように「成長因子(グロースファクター)」あるいは「細胞増殖因子」です。
では、「EGF」と「プラセンタ」の違いは?というと、
「EGF」は原料がイワシやアンチョビといった魚類から作られたもの。
「プラセンタ」は主に馬や牛の胎盤から作られている点
です。




EGFとプラセンタってどっちがいいの?

「EGF」も「プラセンタ」も肌の細胞の成長を活性化させる
グロースファクターであることは先ほども説明しましたが、
では、自分の肌に塗ることを考えた場合どちらがいいでしょうか?
これは個人の好みの問題になると思いますが、
プラセンタは特に牛の胎盤から作られたものは狂牛病などの心配がないとは言い切れません。
私が安心できる方といえば「EGF」だと思います。
「EGF」配合の化粧品は皮膚科医が開発した化粧品にも使われていて、
衰えた肌のタイムスイッチを入れてくれる成分最強の成分
と言われています。




安全・安心のEGF化粧品

アンプルール デ・エイジ

皮膚科医が開発したアンプルール デ・エイジ。ハリ・弾力がなくなる原因は「EGF」の減少。なんと20代後半から減っていっちゃうんです。「EGF」を補ってあげることで肌細胞を活性化ピンとハリのある肌に導いてくれます。
トライアル 価格:2,100円 送料:無料




月人気ランキング

抗シワ実験でも効果の認められている実力派濃厚美容液!管理人愛用品

ポーラオルビスグループの有名雑誌のベストコスメ4冠の大人気エイジングケア化粧品

見た目年齢を20歳若く見せたいならコレ!セラミド1.3.6に62種類美容成分たっぷり

コスメマニアや美容に詳しい人に選ばれる「通」の化粧品!おすすめの化粧品!

皮膚科医が多くの臨床経験から作り上げた自信のアンチエイジング化粧品