トップページ >  年齢肌対策の基礎 >  クレンジングの選び方

クレンジングを甘く見ちゃダメ!

年齢肌で乾燥して仕方がないというケースが多いですよね。
そんな人に限って、クレンジングはオイルクレンジングで
キチンと化粧を落としているようです。

そもそも、クレンジングは油性のメイクアップ料を落とすためのもの。
メイクをしていない日にも習慣でクレンジングしている人は、
すぐにでもやめましょう。

クレンジングは油を落とすために油と界面活性剤から出来ています。
界面活性剤が油と水を馴染ませるので油性のメイクアップ料を落とすのです。

もともと、クレンジングは肌にいい事は何一つありません。
油性化粧品を落とすためだけに仕方なく使う物です。
なので、もしあなたが薄化粧だったりオイルフリーの化粧品を使っているのであれば
クレンジングはごく軽くでいいんです。

自分のメイクの仕方によってクレンジングはできるだけ負担の軽いものを使いましょう。
強すぎるクレンジングは肌の自然な皮脂も落としてしまい乾燥やシワの原因になります。

どんなクレンジング料を選べばいいの?

クレンジング剤を選ぶ際に注意したいのがどのタイプを選ぶか?です。
メイクオフ力が強い方から順に・・


シートタイプクレンジング
      ↓
オイルタイプクレンジング
      ↓
ジェルタイプクレンジング
      ↓
クリームタイプクレンジング
      ↓
ミルクタイプクレンジング



という感じです。みなさんはどのタイプのクレンジングを使っていますか?

どれを選ぶかは自分のメイクの濃さに合わせて使い分けることがポイント。
薄化粧なのに、オイルタイプでしっかりクレンジングするなんてナンセンス。
肌を痛めつけているだけの結果になります。

また、休日の薄いメイクの時も弱めのミルクタイプでも十分落ちます。
あくまでもメイクオフ力が強い方が肌の負担になることを頭に入れておきましょう。

油分の多いオイルタイプは化粧がすぐ落ちるしマスカラも落ちるし、
疲れてる時でも簡単におちるから愛用してるという人は要注意!
界面活性剤が多く配合されているので肌への負担がとても大きいです。

管理人がオススメするのは、クリームタイプ。
通常のメイクの濃さなら十分に落ちるメイクオフ力と
肌へのやさしさを兼ね備えていてバランスがいいクレンジング料です。



アンチエイジングができるノンオイルクレンジング

管理人は乾燥肌なのでクリームタイプでも肌荒れや乾燥が酷くて無理でした^^;
ミルクタイプのクレンジングでは正直メイクオフ力が物足りなくていろいろ探していたのですが

で、たどり着いたのが「セラミデューのアクアレンズ」です。

これはもう、年齢肌用のアンチエイジングができるノンオイルクレンジング。
オイルフリーなのにスルスルっとメイクが落ちるのもビックリしましたが、
使い心地が凄くいい!

洗顔後のツッパリ感もないし、乾燥や肌荒れが一気になくなりました。
今はもうなくてはならない私の愛用クレンジング。

値段は少し高めですが、私の場合メイク薄めなので量をそんな使わないので
1本で2カ月~3か月弱持つのでま、仕方ないかな~という感じ。

クレンジングで、エイジングケアというとえっと思うかもしれませんが、
アクアレンズは本当に肌が変わりますよ。
もし、クリームタイプでも乾燥するという人はトライアル使ってみるといいかも・・
バナー貼っておきますね。


月人気ランキング

抗シワ実験でも効果の認められている実力派濃厚美容液!管理人愛用品

ポーラオルビスグループの有名雑誌のベストコスメ4冠の大人気エイジングケア化粧品

見た目年齢を20歳若く見せたいならコレ!セラミド1.3.6に62種類美容成分たっぷり

コスメマニアや美容に詳しい人に選ばれる「通」の化粧品!おすすめの化粧品!

皮膚科医が多くの臨床経験から作り上げた自信のアンチエイジング化粧品